新旭株式会社の沿革

昭和28年3月

レイヨンプラント用の合成樹脂製各種紡糸機器の販売を目的として発足

昭和31年4月

旭有機材工業株式会社の関西地区販売元として合成樹脂製パイプ継ぎ手、フランジ、バルブなどの販売

昭和38年4月

富士化工株式会社のPP、FRPのパイプ・継ぎ手の販売

昭和43年10月

合成樹脂各種機器・槽の設計、製作、販売

昭和48年4月

京都、姫路に駐在所開設

昭和49年4月

管工事部門の開設

昭和62年6月

各種土木資材及び建築資材の販売

平成2年4月

大阪倉庫開設

平成3年11月

一般建設業・管工事業の許可取得。大阪府知事 許可(般-14)第87652号

平成5年6月

堺駐在所開設

平成13年10月

神戸営業所を開設(姫路営業所を併合)

平成14年5月

合成樹脂製特殊包装資材の販売

平成14年7月

京滋営業所を開設(京都駐在所を併合)

平成20年2月

岡山営業所を開所

平成25年8月

京滋営業所を栗東市から京都市伏見区に移転

平成27年7月

大阪本社を北区中津より此花区西九条に移転。倉庫を拡充し、子会社:東洋化工株式会社と協働体制となる

平成29年9月

事業再編により、子会社:東洋化工株式会社の営業部門を吸収。東洋化工株式会社はTK Logistics株式会社となる

平成30年10月

イシグロ株式会社のグループ会社となる

令和3年10月

丸一商工株式会社と合併し、会社名を新旭株式会社と改める